【NVIDIA】コスパのいいグラボを考える【Radeon】

Pocket

コスパのいいグラボ

前置き

パソコンの映像処理性能を担っているグラボは、最近NvidiaとAMDが競い合ってくれているおかげで毎年どんどん性能が良くなっていきます。グラボは基本的にお金をかければかけるだけ高性能なものを手にすることが出来ますが、昔は高性能かつ高価だったグラボも時間が経てば中古品などが多く流通するため『型落ちだけど十分性能が良くて安いグラボ』を手に入れることも可能です。

ここで疑問が1つ生じますね。

当時は高性能+高価だった型落ち中古グラボと、現行の中性能+安価な最新グラボはいったいどっちの方がコスパが良いのかっていう。

今回の目的

そこで今回はざっくりと、各グラボの性能をスコア化したものを用いていったいそのグラボは実質いくらぐらいの価値があるのかを見てみようと思います。もちろん昔のグラボは電力消費が高かったり色々デメリットも多いですが、今回は全無視します

あくまでスコアと現在の購入相場のみで割り出します。

つまり「そのグラボを買えば○○のスコアが得られるけど、そのスコアは1単位あたり△△円だよ」ってことですね。

※備考※
この記事で取り扱っているグラボは管理人が適当に選んだコスパの良さそうなグラボ達です。グラボのスコアは「Passmark」から引っ張ってます。廃盤はじゃんぱらやドスパラやメルカリなどの中古相場を参考にしてます。



NVIDIA GeForce

型番TDPスコア相場1スコアあたりの値段
1060(6GB)120W10,20015,0001.47円
-980165W11,00014,0001.27円
1660120W11,50020,0001.73円
1660 Ti120W12,30025,0002.03円
1660 Super125W12,70023,0001.81円
1070150W13,30021,0001.57円
TITAN X250W13,60035,0002.57円
-980 Ti250W13,70020,0001.45円
1070 Ti180W13,90026,0001.87円
2060160W14,10032,0002.26円
1080180W14,80034,0002.29円
2070175W16,20042,0002.59円
2060 Super175W16,30042,0002.45円
1080 Ti250W17,60050,0002.84円
2070 Super215W18,10055,0003.03円
2080250W18,60060,0003.22円
2080 Super250W19,30065,0003.36円
2080 Ti250W21,50080,0003.72円
3080320W23,900110,0004.60円
3090350W24,600210,0008.53円

スコア引用元:PASSMARK

さすが天下のNvidia様、1世代前の80シリーズの性能=現行の70シリーズの性能という形で出してくれているのでとても比較がしやすいです。

今流行の「Fortnite」や「Apex Legends」をフルHDで快適にプレイ出来る範囲であれば、第一候補は「GTX 1070」ですかね。値段だけで言えば980Tiが良いですが、購入後を考えると消費電力250Wで負荷もかかりますし総合的には1070の150Wを買っておいた方が安くかつ安全で済む気がします。

次が「RTX 2060 Super」でしょう。レイト機能やグラフィック能力や消費電力を含めてこのコスパはゲーマーなら買うしかないです。当時から言われていますがやっぱり無印買った人がかわいそうすぎる。

ハイエンドモデルの話であれば、3000シリーズの登場により「RTX 2080Ti」の中古相場が下がっているのでコスパだけを考えるのであれば3080より2080Tiですかね、もちろん保証がある中古店で買うことが前提ですが・・・。



AMD Radeon

型番TDPスコア相場1スコアあたりの値段
570150W6,90010,0001.44円
580X185W7,70015,0001.94円
470120W7,9009,0001.13円
480150W8,50010,0001.17円
580185W8,70013,0001.49円
590175W9,40020,0002.12円
390X275W9,50012,0001.26円
Vega 56210W13,30021,0001.57円
5600XT150W13,40028,0002.08円
5700180W14,40032,0002.22円
Vega 64295W14,60030,0002.05円
5700XT225W16,60036,0002.16円
Radeon VII300W16,80075,0004.46円

スコア引用元:PASSMARK

ゲームしない人はRadeonシリーズがオススメだと思います。「RX 470」は一時期映像出力機能なしのものが2000円で出たりしていたので、ユーザー間ではやたら安いグラボとして認識が強そうですね。コスパだけで言えば「R9 390X」が別格ですが消費電力275Wなのであんまり負荷かけると電気代がかさむので大変注意です。

そしてスコア13000~17000あたりのグラボのラインナップが非常に貧弱な気がします。どれもコスパがそんなに良いわけでもなく電気代もそこそこかかりますし、ソフトウェアによってはRadeon非対応なのもあるのであまり買うメリットはなさそうです。

ただ上記はあくまで相場での話であって、メルカリで安く出品されていたらもちろん買いです。



総括

ということである程度の性能があって安いのは「Nvidia GTX 1070」あたりのグラボです。とにかく安いものを求める方は「AMD RX 470」がオススメですかね。ハイエンドなら「Nvidia RTX 2080Ti」が

新品を求める方は「Nvidia RTX 3080」でしょうか。現状は売り切れ続出でASK税にプラス転売価格になっているみたいですが・・・。

そんなところですかね。

それではまた。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ