【Ryzen】コスパのいいCPUを考える【intel】

Pocket

コスパのいいCPU

前置き

パソコンの処理性能を担っているCPUは、最近AMDとintelが競い合ってくれているおかげで毎年どんどん性能が良くなっていきます。CPUは基本的にお金をかければかけるだけ高性能なものを手にすることが出来ますが、昔は高性能かつ高価だったCPUも時間が経てば中古品などが多く流通するため『型落ちだけど十分性能が良くて安いCPU』を手に入れることも可能です。

ここで疑問が1つ生じますね。

当時は高性能+高価だった型落ち中古CPUと、現行の中性能+安価な最新CPUはいったいどっちの方がコスパが良いのかっていう。

今回の目的

そこで今回はざっくりと、各CPUの性能をスコア化したものを用いていったいそのCPUは実質いくらぐらいの価値があるのかを見てみようと思います。もちろん昔のCPUは電力消費が高かったり色々デメリットも多いですが、今回は全無視します

あくまでスコアと現在の購入相場のみで割り出します。

つまり「そのCPUを買えば○○のスコアが得られるけど、そのスコアは1単位あたり△△円だよ」ってことですね。

※備考※
この記事で取り扱っているCPUは管理人が適当に選んだコスパの良さそうなCPU達です。CPUのスコアは「Passmark」から引っ張ってます。あとRyzen 5000番台が出たらこの記事もう1回更新します(じゃあ5000番台出てからでもいいだろっていう・・・。)



AMD Ryzen

型番コア数スコア相場1スコアあたりの値段
1600612,40011,0000.88円
2600613,20014,0001.06円
1700814,60014,0000.95円
2700815,70021,0001.33円
3600617,80022,0001.23円
3700X822,80034,0001.49円
3800X823,30040,0001.71円
Thr 1950X1626,40030,0001.13円
Thr 2950X1630,70040,0001.30円
3900X1232,80052,0001.58円
3900XT1233,10057,0001.72円
3950X1639,20080,0002.04円
Thr 3960X2455,500170,0003.06円
Thr 3995WX6488,600550,0006.20円

スコア引用元:PASSMARK

コスパで言えば「初代Ryzen」がぶっちぎりですね。2017年発売当時の価格は「Ryzen 7 1700」が約32000円くらいでしたが、3年経った今では中古で14000円くらいが相場です。コスパを気にする方が手に入れるべき中性能CPUはこの辺がベスト。

次が「Ryzen 7 3700X」でしょう。スコア約23000でその1単位あたり1.49円は魅力的ですね。「Ryzen Thr 1950X」が型落ちで安いですが、マザーボード等がスレッドリッパー用になりますので運用費等を考えると高くつきそうです。

最後に「Ryzen 9 3900X」ですかね。スコア約33000でその1単位あたり1.58円はだいぶ価格抑えてくれたんだな~と感じます。それ以上となると「3950X」ですが、毎日動画のエンコードする人以外に使い道がなさそうで完全にオーバースペックな気がぷんぷんです。それか最高級なものが欲しいって人くらい?



Intel Core-i

型番コア数スコア相場(円)1スコアあたりの値段
10500613,30022,0001.65円
6900K813,40032,0002.38円
8700K613,80030,0002.17円
10600K614,60030,0002.05円
10700817,40036,0002.06円
10700K819,60042,0002.14円
109001021,20049,0002.31円
7900X1021,30045,0002.11円
10900K1024,20060,0002.47円
10940X1429,70072,0002.42円
9960X1630,60070,0002.28円
9980XE1831,500104,0003.30円
10980XE1834,200120,0003.50円
Xeon W-3275M2837,1001,000,00026.9円
Xeon Pla 82802837,5001,400,00037.3円

スコア引用元:PASSMARK

やっぱり全体的に高いですね・・・。これでもコスパが良いintelのCPUを集めてみましたが、それでもちょい割高に感じます。もちろん安定性やメーカーの信頼性などの要素もあるので一概には言えません。『ゲームをするならまだintel』って考え方も2020年現在でもよく耳にしますので参考程度です。

コスパで言うとどのモデルも「Ryzen 9 3950X」クラスまで性能が上がった時の単価になっています。高い単価を払ってintelシリーズを買うかどうかはあなた次第です。



総括

ということである程度の性能があって安いのは「Ryzen 7 1700」あたりのCPUです。新品を求める方は「Ryzen 7 3700X」でしょうか。

そんなところですかね。

そのうちグラボでもやろうかと思います。ASK税がなければグラボももう少し安くなるとは思うんですけどね、日本の中抜き体質とでも言うんでしょうか。末端が割を食わされてまくっています。

それではまた。



コメントをどうぞ